I LOVE ME Life

photographer と カリフラワー

c0150986_7395725.jpg


「私は写真屋ではありません。『写真家』です。」と言う人に出会った。

『写真屋』ではない、1つのプライドなんでしょう。

僕は『photographer』ではありません。まあ、趣味でやる程度で、たまに仕事も頼まれますがが、強いていいえば『カリフラワー』程度でしょう。

そういう仕事を頼まれるといつも悩むのが、もちろん「写真の撮り方」。

風景等でそう悩むことはないのですが(この時点で、自分のこの程度の写真に対して「悩むことがない」と言うのが、『カリフラワー』なんですが)、問題は人の撮り方・・・。

結婚式の写真や式典・演劇会の仕事なんかを頼まれると、大変です。とにかく撮り方がわからないもんだから、「数打ちゃ当たる」方式・・・

そして、加工で誤魔化そうと必死・・・。

スナップ写真しかり、新郎新婦メインの写真しかり、主人公の写真しかり・・・
どういう構図で撮れば、何かを感じるような写真に仕上がるのか・・・

どういう風に撮れば、撮られた側が喜ぶような写真になるのか・・・

今回のトップの写真は、オーストラリアで見知らぬ子供たちが「撮って!」と僕のほうに来たので撮ってあげたのだが、なんとも普通の写真になってしまった・・・。

なんとか人の写っているスナップ写真を練習しようと、オーストラリアでは知らない人を撮りまくり、日光浴している女性を「隠れ撮り」(「隠し撮り」ではありません、「隠れ撮り」です)し、それがバレては追っかけられ・・・

そんなこともやった記憶もあるなぁ・・・。

ああいうときって、プロのカメラマンはどうやって撮ってるんでしょうね?
「ちょっと撮らせてもらっていいかな?」的なことを聞いているんだろうか?

c0150986_128793.jpg



★ランキングに参加しています。
↓ ポチッとクリックよろしくです!
にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ

なお、ご来場になられた方、よろしければコメント・アドバイス等よろしくお願いします。

なお、このブログへのリンクもよろしければお願いします。

そして、こちらもよろしく!
masa-masa-j45とその嫁による愛娘“sakura”日記●『桜とsakura』
[PR]
by masa-masa-j45 | 2009-07-28 07:53 | K10D